前へ
次へ

ソフトな食感で甘みもあるのがホワイトアスパラガス

ゆでたてには何もつけないで、そのまま食べてみても、口の中に自然の甘みが広がるのが、アスパラガスの野菜です。
アスパラといえばグリーンが定番でしたが、今では白いアスパラガスを目にする機会もあります。
品種改良をして新しく登場をしたのが、ホワイトアスパラガスのような印象ですが、実はグリーンアスパラガス路品種は一緒です。
白いアスパラガスはつく別なイメージがありますが、土の上に芽が出てくる前に、その上に土をかぶせてしまうので、太陽に当たらないため白いままです。
従来のグリーンアスパラガスの場合は、土をかけるようなひと手間などは加えないで、土から顔を出したらそのまま、たっぷりのお日様にあたるので、緑豊かなアスパラガスになります。
青臭みがあるのはグリーンアスパラガスのほうですが、ホワイトアスパラガスよりも緑が濃いですから、含まれる栄養価も緑が濃い方が高いです。
逆にホワイトアスパラガスは、グリーンよりも栄養はお摂りますが、食べるととても柔らかくてマイルドな味がします。

Page Top